1 Coin My Life

白トイプの女の子と認知症の母親との日々

2014-11

初ヒート

金曜日の夜のこと、月末の残業と1時間だけキャバクラが終わった後、終電の一本前に母親宅に帰ってきました。

玄関を開けるやいなや、毎度レイちゃんは飛びついてきて大歓迎をしてくれます!

いつもこの時はスワレコマンドでうまく落ち着いてくれれば良いのですが、残念ながら今日は失敗して、見事に嬉ションをされてしまいました。

母親はというと、待ちくたびれたのかまた夜の薬も飲まずにソファでうたた寝。

ちゃんと寝なさいと母親をベッドに導いて寝かせた後は、今度は興奮冷めやらぬレイちゃんをなだめながら嬉ションの後始末をしようとしてました。

キッチンペーパーで床を拭き取って、ティッシュでレイちゃんのお尻も吹いてあげてとしたところ、ティッシュに少し血のような色が付きました。

もしやと思いレイちゃんを抱き上げてお尻を見たところ、生殖器あたりが膨らんでいて、周りの毛のところに血の塊らしきものが付いておりました。

はい、とうとうレイちゃんに初ヒートが来てしまいました。


丁度生後10ヶ月、小型犬にしては若干遅目のようです。

ある程度は事前知識をつけていたのでパニックにはなりませんでしたが、実に様々な感情が沸き起こりました。

まずはレイちゃんがしっかりと成長してくれていることを実感した喜び。

そして、せっかく女のコに産まれたのに、やはりレイちゃんに子供を産ませることができないだろうという申し訳なさ。。。


おそらくこのヒートが終わったら、レイちゃんには避妊手術を受けてもらうことになると思います。

子供を産ませてあげることができない以上、しない方のリスクが高いと思いますから。


小型犬なので出血量は少ないのですが、それでもカーペットや布団に若干の跡が付いてしまいました。

でもそれも、レイちゃんとの思い出の1つになると思えばイヤでもありません。



スポンサーサイト

ブログタイトルの謎

このブログを開設してから、早くも半年以上が経ちました。

相変わらずのおサボリ多忙のため、月に数度の更新であまりは偉そうなこともいえませんが。

まぁ、おそらくはここを見てくださるほとんどの方々は、昔からの馴染みの方だとは思いますので、あまり期待もされてないだろうとw

ですが、中にはあまりワタシをご存知ない方もいらっしゃるかもしれません。

なので、今回は少しこのブログが出来た経緯などをご紹介いたします。


そもそも、なぜワンコブログのIDが「aquamiso」で、タイトルが「(仮)BLoG iN AquA」なのでしょうか?

実はワンコを飼うまでは、ワタシの一番の趣味はキャバクラ熱帯魚飼育であり、「アクアみそ」という携帯用HP、および「BLoG iN AquA」というブログをしていたのです。

熱帯魚関連のHPというと、当時よりPCでは立派なHPがたくさんありましたが、携帯で手軽に見られるものがあまり無かったり、またベテランやマニアになるほど内容が凝りすぎてしまい、ビギナーの方がとっつきにくい、気軽に質問とかができないようなものが多かったかのように思われました。

そこで、できるだけ脱力系の熱帯魚HPを目指して作ったのが「アクアみそ」でした。

ワタシの目論見はある程度達成して、それほど有名になったわけではありませんが、今もお付き合いのある方を含めて多くの方々と交流することができました。

また日記をより充実させるという意味で、当時に関わりの多い方々がよく使っていたブログリを使って作ったのが「BLoG iN AquA」だったのです。

しかしその後は、ワタシ自身の多忙とネタ切れ、お知り合いの減少、かつブログリの迷走・仕様改悪からサービス閉鎖へと、更新頻度減少から放置・閉鎖に到るべきあらゆる事象が発生しました。
言い訳にもならない

一応「アクアみそ」はまだ存在はしておりますが、かれこれ4年以上放置されております。


その間に横浜→福岡と拠点が変わった後に、昨年に念願の地元大阪復帰となり、色々なことが落ち着いた今年4月に、ついにレイちゃんをお迎えいたしました。

まぁブログなどは特にする気は無かったのですが、昔馴染みのちびもこさんプルメリアさんに推されて、レイちゃんのブログを立ち上げた次第です。


アクアもまだやってはおりますが、



実はこの水景も夏までの話。

クーラーの調子が悪くなって、イソギンチャクは死んでしまいました(>_<)

その他の水槽も寂しい限りで、元気なのはカメとウーパールーパーだけです。



それだけこの子の世話だけに追われてしまってるわけですが。。。


しばらくはアクアは自然縮小で、いずれはブログタイトルも変更しなきゃダメですね。

予定としては、来年からにしようと思ってます。

添い寝

朝晩めっきりと寒くなって来ましたね。

確か去年はキンモクセイの花が咲き始めたのが11月も下旬だったほどに暖かかったので、これが普通なんでしょうね。

寝るときも毛布や冬布団が必要になってきて、レイちゃんもいつもワタシの布団に潜り込んで寝ております。

ん?

確かお盆くらいまでは、夜は自分のサークルに戻って寝ていたのでは?

はい、いつの間にかレイちゃんは自分のサークルに入ることがほとんど無くなってしまいました。

掃除機をかける時やワタシに叱られた時にたまに入るくらいですかね?

正直、最初は添い寝してるとワタシが寝返りをうった時に、下敷きになって潰れてしまわないかとビクビクしてました。

実際にはレイちゃんが引っ付いて寝ている時はわかりますし、レイちゃんも危険を察した時はいち早く逃げますし、なによりも少しくらい踏んづけてもキャンと言うだけで、ケガもしない結構丈夫なもんですねw

そうなると、レイちゃんが一緒に寝ることについては、甘やかしていること意外に何の問題もないわけで、すっかりサークルで寝てもらうこともしなくなりました(汗)

たまに実家に泊まる時もありますが、やはり母親よりもワタシと一緒に寝たがるのを見ていると、可愛過ぎてまったく拒否できまへん…





脱走劇

昨日の朝、実家の玄関外でワタシがゴミ出しの準備をしていた時。

家の中にいた母親が、ワタシの様子が気になって少し玄関の扉を開けて覗いていたところ、レイちゃんがそのわずかな隙間から出て来て、ワタシがいる階下とは逆方向に逃げ出しました!

母親が「レイちゃんが登ってっちゃった!」と声を上げた時にはもうレイちゃんの姿がありません。

まぁそんなに遠くは行って無いだろうとたかをくくっていましたが、階段を登れど登れど、レイちゃんの姿はおろか、鳴き声も気配もありません!


母親の家の団地は少し複雑な構造になってまして、あみだくじ状に階段と渡り廊下が繋がっている造りです。

渡り廊下を一旦横に進んでしまえば、おそらくレイちゃんが自力で戻ってくるのは不可能になることでしょう。

この時点でワタシの顔から血の気が失せました…。


なにしろあみだくじ状なので、レイちゃんが通った後を正しく追いかけなければ、見つけられません。

丁度朝の出勤時間だったので、他の住人の方も次々と家を出てくるから、レイちゃんが余計にパニクってとんでもない所に逃げてしまいかねません。

「レイ、レイちゃん」とやさしく呼びかけながら探し、通りかかる人には「白い犬見ませんでしたか?」と臆面もなく聞き回るワタシ。

母親の家はペット飼育禁止なんて言ってられません。
(ウチはあくまでも「預けている」だけなので(汗)


探すこと数分、会社を遅刻するかもしれないどころか、レイちゃんが完全に迷子になってしまう怖れが出てきたころ、気を取り直してもう一度レイちゃんが取るであろう行動パターンを考えます。

毎朝、レイちゃんが使う階段と言えば、家の階段と、母親の家に行く途中の歩道橋のらせん階段があるだけ。

高さにすれば3~4階相当のそれをレイちゃんは、いつも軽やかに登っていきます。

逆に降りるのはちょっとニガテのようで、ほとんどは抱き抱えて降りています。

とすれば、降りることなく意外と高くまで登ってるのでは?と、まずは団地の一番上の方から探そうかと、母親宅の階段に戻って登り始めました。

そして最上階に差し掛かろうとしたところ…

いましたー!!

まさに最上階のフロアの手前で、きょとんとした顔でこちらを見ているレイちゃんをようやく見つけました!

すぐに抱き上げて家に戻ると、母親も安心した様子です。


しかし、これでレイちゃんが家から逃げ出すことを覚えてしまったわけで…。

しかも下手すればレイちゃんは外に出るとワタシが探しに来るとか思ってしまってるのでは無いでしょうか?

ワタシはまだしも、母親がレイちゃんを追いかけることはまず無理でしょう。

母親の家に来客があったとき、また同じことが起きないかという心配が増えてしまいました。


母親にはくれぐれも注意してとは言ってありますが、その日の夜にはそんな出来事さえ全然覚えてなかったわけで…(汗)

良い子悪い子普通の子

言うに及ばず、ワタシは大の犬好きです。

犬だけではなく動物全般と子供、つまり慈しむべき存在はみんな大好きとも言えます。

ただし、差別するつもりはないですが、やはり賢いコや可愛いコ、綺麗なコなぞは、とりわけひいきをしてしまうようです。

逆を言えば、ワガママで言うことを素直に聞かないようなコは、少し冷めた目で見てしまいます。

それはそのコが悪いのではなく、そうしつけた親や飼い主が情けないと言うことで。

しかし、今はその感情に、まさに自分自身が矛盾を感じてしまってます(汗)


最近のレイちゃんは、人間の食べてるものばかり欲しがって自分のゴハンをしっかりと食べないし、お散歩してても自分の行きたい方にしか行かなくてしっかりとついてこないし、オスワリもマテも下手ですし、何度言っても人の手を噛んできて、遊んでると段々と本気になってこっちがかなり痛くなるほどです。

もちろんレイちゃんは、色んなことを見ていても決してバカなコじゃないことがわかってますので、これはひとえにワタシのしつけができてないだけだと思います。

もちろん仕事中の日中は認知症の母親にずっと預けているゆえであることもありますが、それを含めて結局は甘やかせてしまってるんですよね…。


あ、みなさん勘違いしないでください。

ワタシ自身は決してレイちゃんを嫌いになりそうなわけじゃなくて、それでも可愛いとしか思えないことが自己矛盾なのです(^_^;)

ただワタシが他のコたちに思ってたように、周りの人からレイちゃんが「アホな子」と思われたくないだけで。

もっともレイちゃんは外ヅラが良いのか、今のところ周りの評判は「おとなしくて可愛くて良い子ねー!」ですけどw


ま、子育てはすべてが思い通りになるわけじゃありませんし、レイちゃんもウチのコになってようやく半年なのですから、これからも焦らず気取らずでいきたいと思います。

レイちゃんもワタシも母親も、この世に代わりの効かない唯一の存在なんですから、すべてが誰かと同じじゃないわけですもんね。



↑ワタシの腕の中で寝るレイちゃん。
やっぱり可愛い

 | ホーム | 

FC2Ad

 

プロフィール

Author:蘭爺
【主な登場人物】

・Ray(レイ)
2014年1月30日沖縄県糸満市生まれ
白トイプードルの女の子(未避妊)
体重4.2kg
甘えたでビビりな性格

・蘭爺(らんじい)
xxxx年5月生まれの人間のオッサン
転勤で日本各地にて長く独身生活を満喫していたが、母親の介護対応のため13年ぶりに大阪に舞い戻る
2014年4月26日、長年の夢であったワンコとの暮らしが始まる

・おばあちゃん
昭和1ケタ生まれの蘭爺の母親。
気丈で家事ならなんでもこなすスーパー主婦であったが、2008年秋頃から認知症を患い始める。

☆当ページはペットブログの方であればリンクフリーです。
その際はご一報いただければなお嬉しいです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (115)

お客様数

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR