1 Coin My Life

白トイプの女の子と認知症の母親との日々

2015-05

アテレコ


自分がこのブログをしているということもありますが、最近はトイプ関係を中心に、色々なワンコブログを徘徊させていただいております。

特に人気のブログはほぼ毎日更新しておられて、画像もふんだんに使いレイアウトもキレイで、ワンコちゃん達の魅力がより一層引き立つようなものばかり。

それに比べて…(苦笑)


特にすごいと思うのが、みなさんがワンコちゃんのキャラを的確に捉えていること。

特に人間の言葉でアテレコしているのが面白くて非常にカワユイです。


実は、ワタシはレイちゃんの擬人的なキャラをイマイチ掴みきれておりません。

だから写真にセリフを入れてもみますが、まだ自分的にもあまりしっくりきておりません。

いえ、甘えたなくせに気が強い、いわばツンデレキャラなことは十分にわかっているつもりですが、自分がそんな難しい女の子(笑)の代弁者にはなかなかなれないということです。

それじゃレイちゃんの気が効くセリフもなかなか作れませんね。


レイちゃんがウチに来てくれてから1年と少し経ちましたが、毎日が変化しないようで、実は毎日が発見でもあります。

レイちゃんは可愛いのか強いのか、素直なのかワガママなのか、賢いのかバカなのか、いろんなことに日々気持ちが変化します。

でもこれがレイちゃんの成長であり、またレイちゃんのパパとしてのワタシの成長でもあるんですね。


ついつい物事を難しく考えてしまいがちなワタシではありますが、でもそれは必ずワタシとレイちゃん、そしてワタシの母親の幸せに繋がるものになればそれでいいと思います。



はいはい(笑)



スポンサーサイト

太った?

平日はおばあちゃん家に預けられなくなったレイちゃん。

独り寂しくお留守番をしているレイちゃんの事を思うと、パパは仕事が終われば全速力でおウチに帰ります。

ええ、外で飲むどころか食べる事さえせずに。


なので最近はほぼ毎日食材を買って自炊してまして、そうなれば必然レイちゃんのゴハンを手作りすることも多くなりました。

だいたい鳥か豚か牛かのミンチ肉に野菜とさつまいもを混ぜたのが基本で、これを軽く炒めたり、または茹でたり蒸したりしています。

これが美味しいのか、少食だったレイちゃんも、手作りゴハンではホントよく食べるようになりました。


また、レイちゃんのゴハンを作った後に自分のゴハンを作り始めるわけですが、夜はなるべく薄味で炭水化物を摂らないようにしておりますゆえ、またこれがレイちゃんが欲しくなってしまうのです。



豚しゃぶを見つめるレイちゃんw

ワタシもまた長い時間独りで留守番をしていたレイちゃんを不憫に思い、自分が食べているお肉まで、お湯につけて味を抜いてからレイちゃんに与えるような真似をしております。


短い時間な分だけ濃厚に愛情を注がねば…はい、これがマチガイ!

あらかたゴハンも終わった後、ふと、おなかがいっぱいになって寝そべっているレイちゃんを見ますと。

おや?



これは首筋の肉が余ってるの⁉︎

もしかしてこれは…太った?


考えても見ますと、おばあちゃん家に通っている時は、毎日送り迎えで必然に朝晩30分ずつのお散歩をしていたわけです。

その時でも歩かないことも多かったとはいえ、今は朝と晩に10分~15分程度の散歩(というかほとんどトイレ目的)しかしないことも多いわけですから。

また、ワタシの作るゴハンにも少々問題があります。

ゴハン類を混ぜていないので、野菜は多めに入れているつもりではあってもやはり肉類が多くてカロリーが高いんだと思います。

手作りゴハンについてはみなさんも色々な考えがあると思いますが、ワタシはできるだけ炭水化物は採らさない方が良いと思っていたフシもありました。

しかしレイちゃんの首筋の肉を見てしまうて、それはマチガイだったのかなとも思い始めました。


まぁまだそんなに太ってるわけではないといえども、今後は少しずつ気をつけていかなければならないですね。

少しぽっちゃりというのもカワイイですが、レイちゃんはそんなキャラではありませんので。

ストレス


最近、レイちゃんを長く独りでのお留守番を強いる生活になってしまい、寂しい時間が長くなったレイちゃん本人だけではなく、昼間に癒されていたおばあちゃんも、そして仕事を抱えながら二人の面倒を一手に見ているワタシも、それぞれにストレスが溜まりつつあるせいか色々な変化が起こってきております。


レイちゃんはとにかくイタズラがひどくなりました。。。

すぐに机の上に置いてあるものやゴミ箱の中を漁って、歯ごたえがあるものはガリガリとかじってしまいます。

ワタシのメガネのフレームもすでに2本やられまして、耳の部分がギザギザになっております。

こないだは枕元に置いていたメガネをワタシが寝ている間にどっかに運んでしまいました。

ワタシは目が相当悪いので、メガネ無しでは探しようがありません。

仕方なく予備のメガネを使って探そうと、それを置いてある場所まで行こうとすると…

パキン!

レイちゃんが持っていったメガネを踏んで完全にこわしてしまいました(泣)

よりによって、レイちゃんが置いた場所が、まるでワナを張るかのように丁度予備メガネがある真下だったのです。

確率で考えれば、ワタシはどんだけ運が無いねん⁉︎


また、レイちゃんはお留守番の間はほとんど寝ているせいか、朝は日の出とほぼ同時に目を覚まし、ワンワン鳴いたり家の中を走り回ったりします。

もちろんそうするとワタシが起き出すからに違いないでしょうが。

今朝も朝4時半ですよ⁉︎

行きの通勤電車の中で、吊革を持って立ったまま意識が飛びそうになりましたよ…。


ただ救いは、ワタシが不在のときにはほとんど何も壊してないこと。

つまり分離不安というよりは、ワタシに構って欲しいためのイタズラのように思えるのです。

もちろん、昼間の寂しさからそうなっていることに何の代わりもないですが…。


認知症の母親は、恥ずかしい話ですが尿失禁の頻度が高くなりました。

トイレのタイミングがわからないというよりは、トイレに間に合わないという感じではあります。

これもおそらくは日中独りでいる時間が増えたために、意識と感覚が停止してしまってるのが理由ではないかと思うのです。

ひどい日には、1日に何枚も下着を交換するために洗濯が間に合わず、下着の数が足りず、直接ズボンわ履いていた事もわかりました。

しかも失禁してしまうという事実は本人のプライドをいたく傷つけてしまうらしく、何枚も干している下着を目の前にしても認めようとしません。

同じ理由で尿パットをすることもなかなか受け入れらないようです。。。

とりあえずお医者さんには症状を軽減する薬を処方してもらい、後はできるだけパットをするように何度も教え込むしかありません。


そしてワタシはと言うと…

外で飲む機会が激減しました(笑)


レイちゃんが家で留守番してると思うと、一刻も早く帰りたくなります。

帰りに食材とお酒を買って帰り、帰宅後はすぐに夜のお散歩に行き(時間が早ければ母親の家まで行く)、ふたたび家に帰ってそれから二人で晩ご飯を食べて晩酌をするという毎日になりました。

晩酌の時間は付きっきり、触り放題の「キャバクラ レイちゃん」状態ですww



まぁ朝が早いのですぐに寝てしまうのですが、もしかして無駄な出費が減って一石二鳥なのかもしれませんね。

…でも、たまには人間のキャバクラに行くのも許してね(笑)

お洋服

体毛が想像以上に短くなってしまったレイちゃん。

気候もにわかに暑くなり、また何をするにもジャマにならないので、なんとなく本人も短いのが気に入っているようにも思えます。

あと、短くしてしまって困ったことが一つだけ。

手術の時に点滴か麻酔の針で水ぶくれを起こしてしまっていた背中です。


それはまったくヤケドをした跡みたいになってしまってて、色も違えば体毛が伸びる速度も遅くなってます。

なにかつける良い薬は無いかとも思いますが、今は特に痒がる様子も無いので、日にち薬でしばらく様子をみることにしています。


なので、レイちゃんがお外に出る時はしばらくはお洋服が必要なようです。

今までは防寒具が2着だけ、しかもいずれもレイちゃんが止め器具を破壊してしまいましたので、また新しいのを飼わなくてはなりません。

そう思って新しいのを買ってまいりました。


この写真では少しわかりにくいですが、くまのプーさんのセーラーチックなお洋服です。

税込み三千円オーバーw

おかげさまで道行く人にかわいいかわいい言ってもらって、内心ほくそ笑んでるのは、もちろんパパの方です。


ヌードな犬


先日、久々にトリミングしたレイちゃんですが、実は大きな問題がありました。

それはパチンコ玉誤飲事故に伴うお手入れ不足です。

ただでさえ前回のトリミング自体が久しぶりだったのに、その最中に鉛中毒からの大暴れをしてしまったので、顔だけ刈った状態でまだ身体はモサモサのままでの中断となってしまいました。

手術後も回復まで少々時間がかかり、また背中にアレルギー症状が出たこともあり、この一ヶ月はストレスをかけない意味でも満足なブラッシングも、もちろんシャンプーもできませんでした。

そしてトリミングの日までに、耳、首、胴体、脚、しっぽと、身体のあらゆる所に頑固な毛玉ができてしまいました。

まぁ予約日が近づいてくるにつれ、下手に毛玉を自分が解くよりも、プロのトリマーさんに任せた方が良いと思ったのも事実ですが。


そしてトリミングの日。

今回はいつもやってもらっているお店であり、何よりもレイちゃんを購入した所ですので、おそらく問題は起きないかと思います。

それでも初めてブルブルと震えてしまったのは、おそらく前回のトリミングでの体調異変の恐怖が残っていたからかもしれません。

少々不安を感じつつ、トリマーさんに引き渡す際に前回のトリミングからの経緯を詳細に説明いたしました。

もちろんそれは毛玉を作りまくってしまった言い訳に他なりませんが(恥)


そしてレイちゃんの体毛の状態をひとしきりチェックしたトリマーさんが発した言葉は…

「これはどうしようもないですねー♪」

はぃい?(片山右京調)

「バリカンでかなり刈り込むしかないですねー♪いいですか?」

…あ、はい、おまかせします…


かくして、出来上がりのレイちゃんの姿に相当な不安を抱きつつ、また3時間ほど預ける事になりました。

前回は開始わずか1時間で電話があり、レイちゃんが暴れていたわけですが、今回も3時間を30分近く余して電話が入って少しビビりました。

しかし特に問題もなく完了したとのことで、まずは一安心しました。

すぐさま迎えに行きまして、レイちゃんと対面いたしますと、なんと⁉︎



想像をはるかに超える短さとなっていました!

顔と耳の長さは少し短めと言える範囲ですが、身体は地膚のピンク色がはっきりと透けて見えるほど。

おそらく毛の長さは2ミリほどしかないのではないでしょうか?

抱き上げても皮膚の感触と体温がダイレクトに伝わってきます。

顔はまだプードルですが、体だけみているとまるで短毛種のピンシェルかテリアです。

フサフサとしていたしっぽの毛も全部刈られて、ネズミのしっぽのようになっちゃいました。

某超有名ブログとは逆の意味で「こう見えてもトイプードルです」ね(笑)


ちょっと短くし過ぎじゃないの~と言いたくもなりましたが、やはり十分なお手入れができなかったワタシが悪いので、ここは素直にありがとうございましたと言っておきました。

確かに短いなりのメリットもありまして、まずは◯ンコやオ◯ッコが毛にまるで絡まなくなりました。

もちろんブラッシングも簡単で短い時間に終わります。

一番良いことは、先ほど言っていたように皮膚の感触と体温とが直に伝わってくること。

まるでレイちゃんが生きているベルベットのぬいぐるみのようで、触っててなんとも気持ちが良いものです。

必要以上に触ってくるパパをどう思っているのでしょうか?


とは言いましても、やはりプードルの魅力はフサフサとした体毛ですね。

これから時間をかけて、またモフモフな状態に戻して行きましょう。

その間のブラッシングとシャンプーもしっかりとやらなければね。

どうしようもない

特に予定は無いながらも、のんびりしたGWを過ごしておりますレイちゃんとワタシ。

そんな中、母親のマンション管理会社から、今回の件で提出を求められている誓約書がようやく届きました。

しかし、その内容を見ると到底承服しかねるものでした。

簡単に言えば、あくまでも母親が犬を飼っていたことにすることと、今後はたとえワタシが一緒にいる単なる来訪(もちろん規約には謳ってない)さえもできなくなりかねない事が書かれていました。

あれだけ事情や事実を事細やかに説明していたのに、こんな紋切り定型の文書を送りつけるとは、担当者の単なる手抜きに他なりません。

しかも、向こうからは話をしてから書類を送るまで2週間以上かかっているのに、こちらからの返送は実質6日間以内にしろという勝手ぶり。

まぁ半官半民のお役所モドキの会社ですし、どうせ電話で文句を言っても通じないでしょうから、誓約書の文言を変えて直接送ってやりましょう。

それで文句を言ってくるようならトコトン戦いますよ。

もちろんこちらは、今までのようにほぼ毎日長時間に預ける事はしませんので。


母親も最近レイちゃんと長い時間一緒に居られない事を少しずつ認識してはきましたが、また寂しさがぶり返してしまったようで、認知症の症状が悪くなってきています。

最初はワタシの家で一緒に留守番できるかもと、往復の道順を覚えてもらおうとしているのですが、今日もワタシが忘れ物を取りに戻るわずかな間に全然違う道に向かってしまい、すわ迷子になったかと焦りました。

そしてその足取りもやっぱりおぼつかなく、母親が独りでワタシの家まで来るのはかなり難しいようです。




今の母親は、記憶できない、考えられないうえに、人の言うことを素直に聞かないというかなり困った状態になっております。

もちろん自分が支離滅裂な事を言ったりしたりもする意識もあまりありません。

そのくせ、自分ができていること、人から良く言われたことだけは都合良く覚えているので、それこそこれが病気でなければひどく性格が悪くなっているだけのことです。

かと言って、ワタシが支援しなければ生きていくこともできないし、施設に入れてしまえば症状の悪化はより早く進むでしょうし、訪問介護はまだうまく使えないという難儀な状況です。

今は近々母親とレイちゃんと3人で暮らすことを考えていますが、おそらくそれはまた別の問題が発生することでしょう。

色々と考えて、試してみて、私達家族の最大公約数的な幸せになるためにはどうすればいいか、ただそれを目指すしかありません。

タイトル替えました


レイちゃんのウチのコ1周年に続き、このブログも5月2日をもって1周年とあいなりました。

ひどくゆるゆるな運営のため、この1年でも記事数は70にも満たない程度ではございますが。

そしてこの間、ずっとしようと思っていたブログタイトルの正式決定をいたしました。

もう熱帯魚はほとんどしてないのに、いつまでもAquaを名乗っていましてもね。


そんなこともありまして、その名も
1 Coin My Life
といたします。

これはワタシ自身の人生が安くて気軽なものだと自分で皮肉ると同時に、ワタシの生活にレイちゃんが居てくれるようになったことを“ワンコ イン マイライフ”と表現してみました。



まぁそんなこと言わずに、これからも可愛い姿を見せ続けてなぁ

ついでにブログデザインも少し変更しましたが、こちらはまだまだ勉強ですね。



お留守番

レイちゃんを母親の家に置いておけなくなってから早や2週間。

今までレイちゃんには連日で長時間独りでお留守番をさせたことがなかったのでかなり不安でしたが、今のところ特に大きな分離不安のような症状もなく頑張ってくれているようです。

ワンコを留守番させるのも色々と工夫が必要なようで、今までの可愛がり方ではイマイチということがわかり始めました。

たとえば出かける前15~30分と帰ってきてから10~15分くらいは、ワンコを半ば無視する感じでいる方が良いなど、今までのレイちゃんへの接触の仕方とは真逆のやり方なんです。

しかしその甲斐あってか、家を出るときに騒ぐことと、帰ってきてからのうれションがずいぶんとマシになりました。



ワタシも最近はできるだけ早く帰ってあげたいので、なるべく残業もせず、何処にも寄らずにまっすぐに家に帰ってます。

そして遅くならなければ、夜の散歩を兼ねて母親の家に向かい、しばし可愛がってもらってから帰るという毎日です。

もしかして、共働きや一人住まいの方もこのようなお留守番の感じなんでしょうかね?

今まで独身生活を満喫していたワタシですので、一足飛びで親の責任感らしきものを実感する毎日です。


正直このようなことになるなど思ってませんでした。

母親の認知症の症状がさらに悪化した時に、レイちゃんを自宅でお留守番させる時が来るかもしれないことはある程度考えてはおりましたが、まさかレイちゃんが来て一年経ってから、急に母親の家の管理会社からストップがかかるとは。。。


母親も最近はレイちゃんに会える時間が少なくなり、寂しいのかまた以前の覇気の無さが戻ってきつつあるようです。

母親がレイちゃんと一緒に過ごすことがどれほど認知症の抑制に効果があるかはっきりと証明ができるわけもないですが、そばに居る身としてはわかるものです。

個人の事情も鑑みず、ただ紋切り調にダメという管理会社にも、ウチの事情も知らず平気で文句をたれる近隣住民の方にも憤りはありますが、それがルールと言われるならば致し方ないとも感じております。

やはり母親とレイちゃんと、三人で暮らせるお家が必要ですね。


昨日は仕事が遅くなり、相当な時間をレイちゃんにお留守番をさせてしまいましたが、それでもなんとかイイコにしていてくれたようです。

その分今日は甘え方がひどいのは、やはりレイちゃんにもストレスを与えてしまっていると考えさせられる次第です…。

 | ホーム | 

FC2Ad

 

プロフィール

Author:蘭爺
【主な登場人物】

・Ray(レイ)
2014年1月30日沖縄県糸満市生まれ
白トイプードルの女の子(未避妊)
体重4.2kg
甘えたでビビりな性格

・蘭爺(らんじい)
xxxx年5月生まれの人間のオッサン
転勤で日本各地にて長く独身生活を満喫していたが、母親の介護対応のため13年ぶりに大阪に舞い戻る
2014年4月26日、長年の夢であったワンコとの暮らしが始まる

・おばあちゃん
昭和1ケタ生まれの蘭爺の母親。
気丈で家事ならなんでもこなすスーパー主婦であったが、2008年秋頃から認知症を患い始める。

☆当ページはペットブログの方であればリンクフリーです。
その際はご一報いただければなお嬉しいです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (115)

お客様数

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR