1 Coin My Life

白トイプの女の子と認知症の母親との日々

2016-03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お耳掃除と手作りごはん


レイちゃんのウチの子記念日まであと1ヶ月を切ったワタシ達。

先日はトリミングも終えて、後はさぁその日を待つだけだと思っておりましたが、レイちゃんのお耳の不調が発覚。

以前に、誤ってワタシの薬を飲んでしまったかもしれずに駆け込んで以来の、約5ヶ月ぶりの来院となりました。


最近は暖かくなってきたこともあるのでしょうか、あまり慣れない道でのお散歩もだいぶ上手になってきたレイちゃんは、スタコラサッサと病院まで歩いていきます。

しかし病院の前に着くや否や、何かを思い出したのか“ピタッ”と止まってしまいましたので、仕方なく抱き上げて中に入ります。


いつぞやパチンコ玉を飲み込んで、鉛中毒を発症して死にかけたレイちゃんを救ってくれたのがここの病院。

それまではもっと家の近くの病院に行ってたのですが、それ以来はこちらに全幅の信頼をおいております。

看護婦さんにも顔を覚えてもらってて、「レイちゃん♪」と優しく声をかけてもらっても、レイちゃんは大層震えております…。

オマエ、震えすぎだぞと思ってる間に診察の番が来ました。


いつもながら丁寧に診てくださるここの先生。

診察では耳アカが溜まりすぎてますねーとのこと。

それは決してワタシの管理が悪いわけではなくでもないか…、レイちゃんは耳アカが溜まりやすいタイプのコのようですねとのこと。

耳アカのサンプルを採って顕微鏡で見てもらうと、カビの胞子が見つかったとのこと。

とりあえずはお耳の中のクリーニングをしてもらうことになりました。


洗浄液と柄付きの長い綿棒を使って、さすがに上手に耳アカを取っていく先生。

見た目にもすごく汚れていて、ワタシは全然上手くお手入れができてなかったことが露呈してしまいました。

これからはひと月に一度くらいのペースで耳掃除に来たらいいですよとおっしゃっていただきましたので、そろそろフィラリアの予防の季節でもありますし、また通院が始まりますね。

点耳薬をいただきまして、病院を後にいたしました。


また、その時に興味深い話を2ついただきました。

なんでも食べ物のアレルギーで、耳アカが溜まりやすくなる場合があるとのこと。

確かに去年までドッグフードもそれなりに食べていた時には、こんなに耳を痒がることはなかったのですから。

お肉は大丈夫だと思うのですが、キャベツ?ニンジン?ピーマン?もやし?と、とりあえずワンコが食べて大丈夫と言われるものは色々と与えてましたので、どれだか見当がつきません。

まぁあくまでも可能性の一つとのことですので、しばらくは注意深く見ていることにします。


それに関連してですが、先生のお勧めする手作りワンコごはんはお肉とジャガイモをベースにして、あとは野菜を少量混ぜるのがよいとのことでした。

早速その夜から、レイちゃんのゴハンにジャガイモが混ざったことは言うまでもありませんw



いけませんっ!
(−_−メ)




スポンサーサイト

あれから一年

ほころびかけた桜のつぼみも、この数日の寒さでなかなか開かないままですね。



…ほぼひと月ぶりの更新なのに、いきなり直近の話題から入るのはいかがでしょうか?

みなさんこんにちは、経歴詐称ではなく経歴健忘のジィーン蘭です。


本日3月26日は、ワタシとレイちゃんにとって忘れられない日となります。

はい、ちょうど1年前にこの道を通った夜レイちゃんが鉛中毒で命を無くしかけた日であります。

当時のことについてはアーカイブで見ていただければと思いますが、生まれて初めてワンコを飼うワタシにとっては最大のピンチではありました。


幼い頃からずっと今までワンコを飼いたいと思っていたワタシ。

それを転勤での大阪復帰と母親の介護というところで、不意に訪れたチャンス。

そしてお迎えした可愛いトイプードルの女の子。

そしてもうすぐウチのコ記念日だよねと思ってた時の大事故でした。


しかしなんとか一命を取り留めたレイちゃんは、その後は大きなケガも病気も無く、お留守番が長くなってしまっても可愛く元気に過ごしてくれています。

でも、あの事故からは甘えたに磨きがかかって、ゴハンは全部手作りになり、あまりしつけもしなくなってしまいました。

甘えたになったのではなく、たんに甘やかすようになってしまったということか…。

でも一応トイレや散歩やマテなど、最低限のことはしっかりできるので、もうこれ以上は何も望みません。

テレビの動物や外の音に吠えるのだけはやめてほしいけど…。


さて、先日久々にレイちゃんのトリミングに行ってまいりました。

毎年毎年、「1月は“行く”、2月は“逃げる”、3月は“去る”」という格言が染み入る人生を送っておりまして、前のレイちゃんのトリミングからすでに2ヶ月経過してることに驚いてしまいます。

まぁ実際の伸び具合を見ていたら、そんな言い訳も効きませんがね。



モッサモサMAX


今回もトリミングに向かったのはEXPOCITYのペットショップ。

いつも行ってたお店はまたまた今月いっぱいはすべて予約が埋まってるとのことでした。

失礼ながらそこはそんなに腕のいいトリマーさんが揃ってるとも思えないのですがね。

とりあえずは前回とまったく同じに、あ、リボンだけはつけてくださいと要望。

レイちゃんのトリミングが終わるまでの3時間と少々はEXPOCITYを見て回ります。

さすがに3回目ともなると、特に目新しいものはありません。

観覧車がだいぶ出来上がってきたのと、早くも閉店した店があったくらいが驚きでした。

また、レイちゃんを連れているので、そんなにかさ張るお買い物もできませんので、本当に見て回るだけ。

お昼を食べようとしても相変わらずどこも長蛇の列で、オヤジ一人で並ぶ気も失せます。


と、ウダウダ過ごしていたらレイちゃんのトリミングが終わりました。



うーん、相変わらず可愛いですわね←


ワタシも少し前から気にはしてましたが、トリマーさんからレイちゃんが耳がかゆいのかしょっちゅう掻いていて、赤く腫れてしまってることを指摘されてしまいました。

ちょうどあれから一年のタイミングでもありますし、今からちょっくら病院に行ってきます。




 | ホーム | 

FC2Ad

 

プロフィール

蘭爺

Author:蘭爺
【主な登場人物】

・Ray(レイ)
2014年1月30日沖縄県糸満市生まれ
白トイプードルの女の子(未避妊)
体重4.2kg
甘えたでビビりな性格

・蘭爺(らんじい)
xxxx年5月生まれの人間のオッサン
転勤で日本各地にて長く独身生活を満喫していたが、母親の介護対応のため13年ぶりに大阪に舞い戻る
2014年4月26日、長年の夢であったワンコとの暮らしが始まる

・おばあちゃん
昭和1ケタ生まれの蘭爺の母親。
気丈で家事ならなんでもこなすスーパー主婦であったが、2008年秋頃から認知症を患い始める。

☆当ページはペットブログの方であればリンクフリーです。
その際はご一報いただければなお嬉しいです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (115)

お客様数

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。